山梨ハタオリ産地

山梨ハタオリ産地について

s-DSC_6767e.jpg

山梨県の富士北麓地域、郡内地域は、古くから続く織物産業が栄える地域です。
山梨県絹人繊織物工業組合は、富士吉田織物協同組合・西桂織物工業協同組合・谷村織物工業協同組合・大月織物協同組合・上野原織物工業協同組合の5つの組合で構成されています。

山梨産地の織物の歴史は古く、この地に初めて織物が伝えられたのは、紀元前219年、秦の始皇帝の命を受け不老不死の霊薬を求めて訪れた除福によるという伝説が残っています。今から約1,000年前の平安時代の法令集には、「甲斐の布」という記述があり、これが当産地最古の記録とされています。江戸時代の初めには、一大織物産地として知られるようになり、明治期には軽く薄手で優美な風合いの「甲斐絹」が、羽織や和服の裏地として隆盛を誇りました。

富士山の湧水をはじめとする恵まれた自然で織りなす当産地の織物は、「甲斐絹」の伝統を受けつぎ、細番手・先染・高密度を特徴としています。また歴史の変遷のなかで、小回りのきく生産体制を活かし、全国的にも他に類をみない多様なアイテムを生産しています。

PAGE TOP

INDEX